クリスマスにプロポーズをするのであれば花を贈って豪華に

大切な人に豪華な薔薇を贈ってみよう

クリスマスにプロポーズをしようと考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そうであれば、花を贈って豪華なプレゼントをするのも良いのではないでしょうか。プロポーズにてプレゼントをする花束として人気なのは、赤い薔薇だと言っても過言ではありません。赤い薔薇で作った花束を、普段の生活の中でプレゼントしてもらうことが出来るチャンスはなかなか無いため、プロポーズのときにもらいたいと考えている人がたくさんいるのが事実です。薔薇はたくさん種類が有る花の中においても特別な印象を持っている女性が非常に多いため、クリスマスに贈るのには最適だと言えるでしょう。気品があって尚且つ美しくて豪華な薔薇を贈ったのであれば、より一層思い出深いクリスマスを過ごすことが出来るかもしれません。

薔薇は本数によって込められた意味が違う

薔薇は贈る本数によって、メッセージが異なるのであらかじめしっかりとそのことを頭に入れたうえで贈ると良いのではないでしょうか。1本であれば、一目惚れという意味や貴女しかいないという意味になります。12本であれば僕の妻になって欲しいという意味になるので、プロポーズをするときにはまさに最適だと言っても過言ではありません。100本ならば100パーセントの愛という意味になり、101本であればこれ以上無いほどに愛していますという意味になります。また、108本贈ったのであれば、ストレートに結婚してくださいという意味になるということを覚えておきましょう。999本を贈ったのであれば、何回生まれ変わったとしてもあなたを愛しますという意味となります。

色によっても意味がまったく異なってくる

薔薇は色によっても意味がそれぞれあります。赤色であればあなたを愛していますという意味や、愛情、情熱などといった意味があり、ピンク色であれば上品、可愛い人という意味があるということをあらかじめしっかりと覚えておきましょう。白色であれば純潔や清純などといった意味があり、紫色は誇り、気品などの意味が込められています。薔薇以外にも、ガーベラなどを贈るのも良いのではないでしょうか。ピンクのガーベラであれば熱愛、赤は燃えるような神秘的な愛という意味があります。飾るだけでもその場が華やかになるほど愛らしいので、ここぞというときに贈ってみるのもおすすめです。他にも、ブルースターや胡蝶蘭などもおすすめです。