クリスマス用の花で枯れない「造花」のオススメについて

クリスマスの際になぜ造花がオススメなのか

クリスマスはどちらかと言えば、元々は古代ローマ帝国時代のミトラス教や原始キリスト教、民間信仰などのようないわゆる、古代の宗教的行事から来ているトーテミズム(木像崇拝)にルーツがあります。そのため、宗教的な色彩が強い面があるところから、中世前期のポーランド出身であったカトリック教のサンタクロース(聖ニコラウス)を模した木を飾り、プレゼントをする聖人個人崇拝が民間行事化して、それが現在のクリスマスになったとされています。そうした形で同行事が現在までに至りますが、とくにはキリスト教系その他の宗教・宗派以外の方には、特別に貴重な行事ではありませんので、豪華な実物である植物の花を購入をしたりする必要性は無いようにも思われます。そんな事情から、大抵の一般的な庶民生活レベルでの場合、いわゆる人工花である「造花(模型フラワー)」などを飾り、それで行事を行う家庭やお宅なども少なくない感じが日本でもあります。造花ですので枯れないところが大きなメリットであり、実物よりも耐久性・耐用年数の長さとかもありますので、そうした点でも中々オススメであるところは間違いがありません。しかも値段も実物のものよりも安くて処分もし易いので、とても便利なところがあります。

プラスチック製のものの購入には注意が必要

プラスチック製の場合、そのまま通常のゴミとして出せるものと、産業廃棄物として出さなくてはならないものとがありますので、やはり注意が必要なところがあります。実はここが、人工花としての製品の限界とも言えるところであって、どうしてもリサイクル上、用いられているプラスチック原材料の材質や工程設計面での如何に左右をされるところがあり、こうした面での面倒さは避けられないところでもあります。それでも幾つか購入をしたりしておけば、とても役に立つところがありますので、持っておいて越したりしたところは無いものと考えられます。

人工物という枯れない長所があるところ

こうした模型フラワーですので、クリスマスはもちろんの事、それ以外の娯楽的な行事、仲間同士の打ち上げ、その他小さな行事などにおいては、大変役に立つ貴重なアイテムです。そして特に高価な値段の相場でも無く、割と購入がしやすくて、そのうえ「枯れない」という点が最大の長所でもあります。こうした模型フラワーの製品は、実はなんと、あの100均ものとして、同店舗内にある店頭で売られたりしている場合が少なくはありません。このように手軽に購入が出来て、長持ちするアイテムですので、先程も触れた不燃物としての処分の扱い面に気を付けたりしさえすれば、利用価値が大変あるものです。